ビタミンC情報TOP >ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体 ( 配糖体 )「AA−2G」
ビタミンC情報トップライン
ビタミンC誘導体 ( 配糖体 )の発見

1989年、岡山大学薬学部教授(現在岡山大学名誉教授)の山本らは、ラット消化組織粗抽出液を
酵素標品として用い、水溶液中で極めて安定なビタミンC誘導体「配糖化アスコルビン酸」を発見
しました。その後、酵素の同定(マルターゼ)、機器分析(HPLC、NMR、X線解析を含む)による
構造解析を経て、化学構造がL-アスコルビン酸2-グルコシド(AA−2G)と決定されました。
ビタミンC誘導体AA−2Gは、ビタミンCの構造の中の酸化還元に関する2位の水酸基にグルコース
がα-配位で結合した化合物であり、酸素の攻撃を受けないため通常のビタミンCと異なり、酸化、
熱、光、水、重金属に対して極めて安定です。
AA−2Gは、生体に適用する(皮膚への塗布、服用など)と細胞、組織に存在する酵素によって
ビタミンCとグルコースとに分解され、それぞれ栄養素として本来の作用を十分に発揮します。
そのビタミンC誘導体「AA−2G」は、体内に有害物を作らない理想的な物質でありこの高い安定性
安全性が認められ、現在、化粧品や食品分野まで有益なビタミンCとして広く利用されています。
また、AA−2Gを用いた研究によりビタミンCには従来より知られている抗酸化、コラーゲン産生
促進メラニン産生抑制など、さらにサイトカインの誘導作用、抗体産生増強や神経突起伸張作用
などのほかに、新たにサイトカイン依存性作用のあることが発見されています。

ビタミンC誘導体(配糖体)AA-2Gの量産化を目的として株式会社 林原生物化学研究所(岡山市)と
共同研究を行い、Bacillus stear-othermophylus 由来シクロデキストリングルカノトランスフェラーゼ
(CGTase)によりAA−2Gの大量生産が実現しました。

ここに注目!ビタミンC誘導体「AA-2G」
「AA−2G」は、L-アスコルビン酸2-グルコシド
の略称で通常壊れやすく不安定なビタミンCに
バイオの力でグルコースを結合し、熱・光・水・
空気に対し壊れにくくした安定・持続型の
ビタミンCです。

AA−2G使用許可承認の経緯
1994年
医薬部外品( 美白用化粧品主剤 )として承認

1999年
国際特許取得
α-グルコシド‐L-アスコルビン酸の製造方法と用途

2004年
食品添加物( 栄養強化剤 )として承認

ビタミンC誘導体の構造式

1.安定性が高い

通常のビタミンC:
ビタミンCは空気や水溶液中の酸素と反応して、容易に分解されてしまう性質があります。
したがって、ビタミンCを豊富に含む野菜や果物も、煮たり、焼いたり、水中に放置したりすると
そのビタミンC含有量は急速に低下してしまいます。
近年、ビタミンCの構造には酸素と反応しやすい部分があり、そこに酸素が結合すると簡単に
壊れることが明らかにされました。

AA−2G:
そこでバイオの技術で、ビタミンCの酸素と反応しやすい部分にブドウ糖を結合させたものが
ビタミンC誘導体である安定型ビタミンC(L-アスコルビン酸2-グルコシド、通称:AA-2G)です。
こうすることで酸素がビタミンCを攻撃できなくなり、安定な状態を続けられるようになりました。
「AA-2G」は、酸素・水・光にも安定です。また熱に対しても、100℃の水溶液で3分間、
粉末状でも40℃で90日間以上安定した状態を保ちます。
すなわち、製剤中の「AA-2G」は100%そのまま存在します。

2.安全性が高い

通常のビタミンC:
ビタミンCは健康には欠くことのできない栄養素であり、体には全く害がないことが知られています。
しかし残念ながら、大量に摂っても尿として排出されてしまいます。

AA−2G:
AA−2Gが体の中で酵素分解を受けた結果できる物質は、ビタミンCとブドウ糖のみであり、
ブドウ糖は私達が普段の食事で摂取している体のエネルギー源としてなくてはならない物質です。
したがって有害な物質は一切発生しません。また、長期間にわたる動物実験で大量投与によっても
毒性はなく、アレルギーを引き起こしたり、遺伝子を壊したり、ガンを発生させたりしないことが実証
されています。ヒト試験においても全く異常が認められていません。

更に詳しく・・・、

身体の中でグルコースとビタミンCに分解され、ビタミンCは本来の作用を発揮し、
グルコースはその本来の働きである脳や身体のエネルギーとして利用されます。
いずれも人体に不可欠な栄養素であり、有害な物質ではありません。つまり安定型である以外は、
防腐剤、安定化剤などを入れる必要がなく「プロビタC」にはこれらのものは一切含まれていません。

ビタミンC誘導体の安全性

3.持続性が高い

通常のビタミンC:
ビタミンCは摂ると急速に吸収され、一時的に血中ビタミンC濃度がある程度高まりますが、
その大半が尿としてすぐ排泄されてしまうため持続性に欠けます。

AA−2G:
一方AA−2Gは体内に入ると、腸に存在する分解酵素によって徐々に分解を受けてビタミンCとして
吸収され、長時間にわたってビタミンCが血液中に供給され、無駄なく体に利用されます。
血液中からなくなるまでの時間は通常のビタミンCに比べ約3〜6倍長いことが証明されています。
そのため通常のビタミンCと異なり頻繁に摂取する必要はありません。有効性が高い理由はここに
あります。

ビタミンC誘導体の持続性グラフ

ビタミンCの効果

☆ 美白・美肌効果
☆ ガンの予防
☆ 糖尿病の予防と治療
☆ 心臓病・脳卒中・高血圧症・高脂血症の予防と治療
☆ 免疫強化(カゼ予防)
☆ ぼけ防止
☆ 貧血予防
☆ アルコールの分解を助ける
☆ タバコの毒性を無毒化

※ビタミンC誘導体(AA−2G)を原材料としたサプリメントについては 「 プロビタC 」 へ